たのしく育毛

2015年6月5日

女性にとって髪は本当に大切なものです。

髪の印象でがらりと変わりますので、朝出かける時に髪のセットがうまくいかないと、一日気分がうかないままです。

歳をとるとどうしても、髪の質が悪くなりますので、若い時よりもよりケアをしてあげないといけません。

髪に負担をかけないために、シャンプーも重要なので、指の腹でやさしく洗ってあげます。また、お風呂上りに髪を乾かす前に育毛剤を使用して、指でマッサージしてあげます。

教えてもらったマッサージは指の腹で地肌を軽く押すようにするものです。効果があるかどうかはわかりませんが、以前よりも分け目が目立たなくなったような気がします。

昔は自然乾燥をした方が髪に優しいのでいいのかと思っていましたが、それは間違いだったと最近知りました。

髪の為には生乾きは一番悪いので、しっかり地肌からきちんと完全に乾かしてあげるのが一番だという事です。

気が付いた時に、指で地肌をマッサージをしてあげると、気分までリフレッシュできて一石二鳥です。

化粧品会社が開発した育毛成分キャピキシル

抜け毛の原因を元から抑える成分と発毛促進成分が合体した夢の育毛成分、キャピキシル。キャピキシルは、カナダの化粧品会社「LUCAS MEYER COSMETICS社」によって開発されました。主成分は、アセチルテトラペプチド-3とビオカニンAの2つ。

アセチルテトラペプチド-3は4つのアミノ酸で構成されるペプチドの1種です。強い細胞修復力を持つと有名です。その強い細胞修復力が死滅した毛根をも復活させてくれるのではないかとの期待から育毛成分としての研究が始まり、ミノキシジル以上の発毛効果があると確認されています。

ビオカニンAはアカツメ花エキスに含有されているイソフラボンの1種です。男性ホルモンと結合して抜け毛を起こす5aリダクターゼを阻害します。抜け毛の原因を元から抑える成分です。

しかも、キャピキシルには人体に影響を及ぼす副作用がありません。ペプチドとイソフラボンから出来ているためです。最近ようやくキャピキシル配合の育毛剤が発毛されるようになりました。「THE SCALP 5.0C」や「Deeper 3D」です。